国産米のみから静置醗酵でつくる
老梅 有機純米酢の醸造元 合名会社 河原こうばら酢造

HOME蔵元動画つくった人商品有機認証レシピ水質問直売
よくある質問


有機転換期間中について

Q  「老梅」の一括表示の中に(転換期間中)と表示してあるものがありますが、その意味は・・・?
A  「有機」は、3年以上、農薬、化学肥料、遺伝子組み換えによる資材を使用せず環境にやさしい農法で栽培された作物のことです。有機栽培に転換して1年以上、3年未満の場合は、有機JAS法の定めにより(転換期間中)と表示することになっています。
Q  転換期間中製品の安全性は?
A  200検査項目において農薬の残留がないことを確認しています。 
Q  両者の価格差はありますか?
A  栽培年数が3年に満たなくても、有機農産物を収穫するまでの苦労は同じことです。転換期間中農産物の価値が低いとは考えられませんので、同列に販売して参ります。有機栽培をもっと広げていくためには、転換期間中農産物も積極的に活用していくべきと考えます。


原料の産地を指定できますか?

Q  「老梅」は以前は福井県の米だけでつくられていました。福井の醸造所が石川県・新潟県の米を使う理由は?
 有機の米づくりは、さまざまな厳しい条件をクリアしなければならず、地元の米だけでは必要量を確保できません。地元栽培者とのお付き合いを大切にしながら、不足分は他の地方から分けていただくことは今後とも必要です。
Q 原料米の産地指定はできますか?
受け入れた原料米は、産地と生産グループごとにタンクを分けて仕込み、出荷の時期を迎えた順に瓶詰めします。自然の醗酵は、必ずしも計画通りには進まないことも多く、どこかの産地の製品のみを指定して買いたいというご希望にお答えすることは事実上不可能です。どちらの産地の米を使った製品であろうとも、安全性に問題なく、品質に差異が生じないよう日夜努力しています。



使っているうちに白い膜が

Q 賞味期限が切れてないのに、使用中に白い膜が発生しました。
A 膜の正体は、酢酸菌の一種です。空気中のどこにでも浮遊していて、酢の中に繁殖し、酢を白濁させます。多くの場合、香りが悪くなりますが、摂取しても、健康上の害は全くありません。
Q どうしたら防ぐこととができますか?
A 菌の飛来を防ぐためキャップをしっかりしめてください。キャップは本体から分離せず、片手でも開け閉めができて便利ですが、軽く閉めただけでは浮いていて常に開放状態になっていることがあります。キャップが浮いていると、酢の匂いにつられて集まってくる小蝿が入ることもあり不衛生です。夏季は、開封後、冷蔵庫で保存すれば確実に発生を防げます。


接着剤みたいなにおい

Q 接着剤に似たにおいが感じられる事があります。製造工程のどこかに問題があったのでは?
A 酢が醗酵する途中で接着剤に似たにおいが、多少なりとも生成します。正式には「酢酸エチル臭」、わかりやすく「セメダイン臭」とも呼ばれます。製造ロットによってほとんど問題にならないくらい弱かったり、比較的強く感じられたりします。お客様に「以前買ったときはなかったのに、今回は感じる。なぜですか?」と質問されることがありますが、生成量に変動があるからです。においの物質は、非常に少ないと感じられないので「ない」と思われがちですが、どんな酢にも多かれ少なかれ含まれているにおいなのです。
いずれにしても、製造工程で、異物が混入したわけではなく、醗酵に由来する自然現象ですからご心配には及びません。



どこで買える

Q 「老梅」はデパートやスーパーマーケットなどでは買えないのですか?
A 全国各地で販売され、エリアも徐々に広がっていますが、卸会社を経由して流通していますので、どこで売られているか、メーカーといえども全部を把握しきれていません。私たちが把握できる範囲で、日本全国の販売店マップをつくりましたのでご利用ください。もし、お近くのお店で見つからなければ、メーカー直送のページでお買い求めください。


上記以外の質問がありましたら、こちらからどうぞ。
速やかにお答えいたします。
ご氏名
ご住所
電話番号
Eメール
質問内容

お問合せサイトマップ
合名会社 河こうばら原酢造 〒912-0401 福井県大野市吉8-25
TEL:0779-66-3275(代表) FAX:0779-66-3271
    Copyright (C) 2002 Kobara Vinegar Brewey All Rights Reserved 無断転用は堅くお断りいたします。